巻き爪を予防する爪の切り方1

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日はお天気がよく、一気に桜が開花しそうですね~

さて、昨日ご来店下さったお客様は、巻き爪でお悩みでした。

爪が伸びてくると痛くなるため短く爪切りされていました。

 

巻き爪で深爪をされている方は多いです。

「刺さり込んで痛いから切ってしまう」お気持ちは、よく分かります。

でも深爪をしては、ダメなんです。

深爪は、巻き爪だけでなく様々な足のトラブルの原因になります。

 

深爪をすることで、足の指を正しく使えなくなってしまうんです。

(自分自身では、気付かないうちに・・・)

足の指を正しく使えていないから巻き爪になってしまうのです。

*「足のトラブルを予防する爪の切り方」

 

出典: www.sinwa-clinic.com

 

サロンでの爪切りケアでトラブルを起こしにくい安全な爪の形をキープ。

お客様には、巻き爪がおこる仕組みと自宅での爪切りのポイントをご説明しました。

深爪をしていないかチェックしてみてくださいね。