足の大きさ

こんにちは!

看護師による安心・安全・安楽なフットケアで安定する足もとづくり、中谷です。

ブログをご覧下さりありがとうございます。

 

二本足で「立つ」ということは、とても高度な動作といわれます。

なぜ高度なのか?

それは、背骨が身体の中心を通るのではなく、身体の後方を通り、内臓は前方にあるからです。

しかも極めて狭い足の裏(全身の2%の面積)で身体を支えています。

 

 

そのような高度な運動を可能とする人の足は、体重あたりの足のサイズが、他の動物よりも大きいと言われています

たとえば、人より何十倍も重いゾウの足は、40㎝位だそうです。

ちなみに、体重50キロの私の足のサイズは、24㎝です。

二本足で立って歩く人には、大きな足が必要だったんですね。

生物の進化の過程は、面白いですね。

 

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約
・電話:080-4237-3731