「メディカルフットケア アン」は、和歌山市にあるフットケア専門店です。

フットケアで人生を健康に楽しく歩む!
タコ・ウオノメ・巻き爪など足に悩みをお持ちなら、「メディカルフットケア アン」にご相談ください。
歩くことにストレスを感じている方の足も気持ちも軽くして、どこまでも活き活き歩いてゆける身体づくりをお手伝いいたします。

❖ サロン概要

サロン名メディカルフットケア アン
電話番号080-4237-3731
住所和歌山市島崎町3丁目1-2 ベレオ寺町通り101
駐車スペース2番(寺町通りに面しています)
営業日・営業時間当サロンは完全予約制で運営しております。(定休日:日曜日)

ご予約につきましては、ご予約・お問合せフォームかお電話でご予約ください。お問合せもお気軽にくださいませ。

❖ ごあいさつ

〈名前〉
 中谷麻子(なかたに あさこ)

〈資格など〉
 ・看護師
 ・日本フットケア・足病医学会フットケア指導士
 ・糖尿病重症化予防(フットケア)研修修了
 ・フットケアプロフェッショナル上級コース修了
 ・西村シューフィットマスタースクール修了
 ・介護支援専門員
 ・認知症介護実践研修修了
 ・和歌山県人生の最終段階における医療の意思決定支援に向けた研修修了
 その他

〈ごあいさつ〉
 はじめまして。メディカルフットケア アンの中谷麻子です。
お陰様で当サロンはたくさんのお客様から支持をいただき、心より感謝をしております。
皆さまの健康と笑顔を頂戴することが、当サロンにとっての最大の喜びです。

 フットケアを学ぶなかで、ふと昔を振り返ると初めて気が付いた事があります。
私自身が子どものころに、「足と健康」の問題にぶつかっていたようです。

私はなぜか、物心ついたころから水中のスポーツに憧れて、水泳を習いたいと思っていました。
しかし、3歳上の兄が剣道と居合道をしており、そちらが近畿圏ではトップクラス。
兄妹で別々の習い事をサポートしてもらう事が当時の状況では難しかった為、私は渋々、剣道と居合道を習っていました。

それでも私は「水泳をやりたい!」と粘り強く両親を説得し、やっと小学校5年生の終りごろに念願の水泳を習い始めることができました。
自分で言うのも変ですが、「水を得た魚」という言葉のように、私は活き活きと水泳に打ち込み、近隣で1番の成績を残しました。
しかし、県大会で入賞するまでの実力を得ることはできずにおわりました。
「もっと早くから習わせてもらいたかったなぁ。」という残念な気持ちが少しだけ残っています。

その後も「水中のスポーツ」への憧れは続き、大人になってからは「スクーバダイビング」の世界へ。
看護師になって2年目にスクーバダイビングを始めると、こちらも水泳と同じようにに熱中しました。
看護師としてフル活動をしながら、わずかに空いた時間をみつけて年間100ダイブ以上海の中を楽しみました。
そしてスクーバダイビング歴3年目にインストラクター資格も取得しました。

 少し話が回り道をしましたが、「子どもの頃からなぜか水中が好き!」という理由が、今になってハッキリと分かるようになりました。

それは、私の足が「外反偏平足」という問題を抱えていたこと。
外反偏平足は、立ち姿勢が不安定になる傾向にあり体軸の安定性を重要視するスポーツには向いていなかったのです。

つまり、素足で身体を安定させて体重移動を行う剣道や居合道は、私の足の得意分野からはもっとも離れたところにあるスポーツでした。
逆に、水泳は重力が軽減された世界で足による体軸の安定性から解放されたスポーツ。
「私の足」が、子どもの頃からずっと「水中のスポーツを楽しんで!」と言っていたのだと今は感じています。

 このような私の経験を通じてみましても、「足」が教えてくれることがたくさんあります。
看護師として働きながら「フットケアは健康な身体(心と体)づくりに直結する!」ことに気付いてから、水泳と同じように「フットケア」に没頭しています。

この気付きをもっと若い世代にも伝えたいという気持ちから、2016年、フットケア専門ホームサロンとして当サロンはスタートしました。

 私たち人間にとって、生活の要となる「歩行」。
その「歩行」の土台となる「足」。
外反母趾などの足の変形、巻き爪や肥厚爪などの爪の変形、タコや魚の目などの角質のトラブル、足に出来た些細な傷などにより、日常生活に支障が出たりバランスを崩して転倒する、そのようなケースが存在します。

転倒による骨折で歩行が困難になったり、転倒する恐怖からその後の活動性が低下したり――その悪影響は足だけではなく、全身に、そして人生にも及んでしまうことがあります。

骨格や筋肉の構造だけではなく、血液循環にとっても、「足」は本当に重要で「第二の心臓」と表現されるほどです。

 より多くの皆さまとこうした足や身体のしくみの情報を共有して、足もとからの健康の輪を広げたい。
大人や高齢者のフットケアはもちろん、当時は気付きもしませんでしたが子どもの頃の私のように足に変調を抱える子ども達にも正しい情報をお知らせしたい。

足の性質によって日常生活やスポーツに対する特性があること、仮に不向きであっても対処方法があることを伝えていきたい。
それが、私の想いです。

足のトラブルに悩む方たちが心から安心して相談できる場所として
足のトラブルを繰り返さない知識と対処を体得していただく場所として
当サロンは皆さまに寄り添った歩みを続けて参ります。

「足・靴・歩き方」――足もとに関するお悩みがあれば、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

歩くことにストレスを感じている方の足も気持ちも軽くして、どこまでも活き活き歩いてゆける身体づくりをお手伝いいたします。