【魚の目ケア】まずは、痛みをとって自然に歩けるように

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

魚の目ケアにお越し下さったはじめてのお客様です。

「硬くなってくると自分で削る」を繰り返していたそうです。

最近は痛みも出てきて放っておけないと思い、サロンを検索して見つけて下さったそうです。

 

足の指の付け根にできる魚の目。

開帳足があるとこの部分に魚の目ができやすいです。

 

 

体重がかかると痛い、魚の目の芯をすっきり取り除きました。

 

 

施術後、お客様には、「しっかり足の裏を着くことができます!」と、喜んでいただけました。

 

タコや魚の目ができるのは、身体のバランスが崩れて歪みがあるサインです

そして、魚の目があると痛みを避けるため歩き方も不自然になります

まずは、痛みをとることができました。

次は、足に合った靴を履くことが大切です。

春を颯爽と歩くために、足のメンテナンスをはじめませんか?