足の親指にできたタコの原因

こんにちは。

ブログをご覧下さりありがとうございます。

メディカルフットケア アンは、歩くことにストレスを感じている方の足も気持ちも軽くして

どこまでも活き活き歩いてゆける身体づくりをお手伝いいたします。

 

「タコがあるので、大きめの靴を履いています。」と話されるお客様。

タコやウオノメ、外反母趾・・・

足にトラブルがあると大きめの靴を選ぶ方が多いのですが、これは間違いです。

 

大きめの靴を履くと、靴の中で足が動きます。

靴の中で足が動くことで足のトラブルは起こりやすくなります。

靴の中で足が前に滑り、靴の先端の細い部分につま先が押し込まれたり

靴の中で足が動くのを足指を踏んばって止めようとしたり

靴が当たったり、踏んばったりして負担がかかる部分にタコができてきます。

 

 

足の角質トラブルのケアでは、丁寧に角質を削り、スッキリ、ツルツルになります。

しかし、根本原因を見直さなければまたすぐに再発してしまいます。

お客様には適切な靴のサイズと履き方をアドバイスさせていただきました。

美しい足をキープしていつまでも快適に歩けますように^^

 

 

・予約の間隔を30分以上あけてお客様をご案内いたします。

・窓を開ける、空気清浄機にて換気と空気清浄に努めます。

・ドアノブなど手の触れるところ、床、ケアに用いる物品等の洗浄、清拭、消毒に努めます。

・施術者は健康管理に努めます。