中学生になって外反母趾が進んできた

こんにちは!

看護師による安心・安全・安楽なフットケアで安定する足もとづくり

足の看護師、中谷です。

いつもご覧下さりありがとうございます。

 

昨日、「足と靴のお悩み相談会」にお越し下さった中学1年生の女の子(Aちゃん)。

学校で靴は、ローファー、校内は、指定の上履きと決まっているとのこと。

「この春、中学生になって外反母趾が進んできた。」とのご相談でした。

 

 

履いてきたローファーを見せていただくと、【24.5㎝EEE】の表示です。

足を見ると、EEEもあるようには感じません。

 

実際に足を計測し、サイズとウィズを確認すると【サイズ24㎝・ウィズD】です。

少しサイズも大きいですが、注目するのは、ウィズです

ウィズとは、足囲です。(親指の付け根と小指の付け根を通る周囲を測ります。)

 

 

 

24.5㎝EEEは、24.9㎝

24.0㎝Dは、22.8㎝

ウィズ(足囲)が、2㎝以上大きい靴を履いているのです

ブカブカです

 

ブカブカの靴を履いていると、靴の中で足が前に滑ります。(前滑り)

靴の中で足が前滑りすると、つま先が靴の先端の細い部分に押し込まれて外反母趾などの足の指の変形を起こします。

 

お母さまからは、「歩き方もおかしいので見てほしい」と伺っていました。

歩き方を見ると、ぺたぺた歩き。

つま先は内側を向いています。

ブカブカの靴を履いていると歩き方にクセがつきます

 

Aちゃんは、靴が脱げないように太ももに力を入れて足を持ち上げています

また、靴が飛んでいかないようにつま先を内側に向けているのです

 

外反母趾の進行予防も歩き方の改善も、先ずは足に合う靴を正しく履くことが必要です

足に合う靴を選ぶためには、足の計測が不可欠です。

自分の足のサイズは、靴選びのための物差しになります!

 

問題は、学校で靴は、ローファーと決まっていること

上履きは、もっとブカブカの指定のものを履いているとのことです。

(指定の靴では、ウィズ展開が少なく適正なウイズを選べないのです。)

 

一生健康的に歩ける足を維持するためには、学校と交渉して指定以外の足に合った靴を履くことをすすめたいです

それが難しい場合は、靴の中敷きを調整して、少しでも足に靴をフィットさせること。

自分の足に応じた市販のインソールの調整方法を習得すること。

などが大切です。

 

Aちゃんとは、次回の「足と靴のお悩み相談会」で市販のインソールの使い方をお勉強。

インソールをセットした靴で歩いてみることを約束をしました^^

 

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約
・電話:080-4237-3731