分厚くなり伸びない足の爪のお悩み

こんにちは。

ブログをご覧下さりありがとうございます。

看護師による安心、安全、安楽なフットケアで安定する足もとづくり。

メディカルフットケア アンは、歩くことにストレスを感じている方の足も気持ちも軽くして

どこまでも活き活き歩いてゆける身体づくりをお手伝いいたします。

 

昨日のお客様は、分厚くなるばかりで伸びない足の爪にお悩みでした。

 

 

靴を履くと爪が当たってズキズキ痛くなるためお越しくださいました。

靴が合っていないと思いながらも毎日ウォーキングをされていて

気づくと足の爪が伸びなくなっていたとのこと。

 

合わない靴を履いて歩くと足指や爪に負担がかかります。

その負担により爪が爪床(爪の下の皮膚)から離れてしまうと健康な爪が伸びなくなります。

 

出典:https://www.emalliance.org/education/case/kaisetsu112

 

爪は爪床に接していることで健康な爪の維持に必要な栄養や水分を補給しているからです。

足指や爪に負担がかかり爪が爪床から離れてしまうと

爪が変色したり

爪が伸びにくくなったり

爪が変形したり

爪のトラブルを起こしやすくなります。

 

 

爪床から離れてしまった爪を丁寧に取り除きます。

爪と皮膚のすき間の汚れをお掃除して除圧しスムーズに爪が伸びやすい環境に整えます。

「肥厚爪、変形爪リセットケア」の詳細→こちらをどうぞ!

 

そして靴を確認。

サイズは合っていましたが履き方に問題がありました。

靴ひもがユルユル状態

毎回、靴ひもを結び直すことをせず履かれていました

これって、普通じゃない?と感じられる方が多いかもしれませんが

この履き方がさまざまな足のトラブルを起こすきっかけになります。

みんな普通にしている履き方です。

だから足のトラブルに悩む方が多いのです。

 

靴は、「靴のかかと部分と足のかかとがズレないように履く」のが正しい履き方です。

肥厚爪の正常化は、「足の爪自体のケア」と「足に合う靴を正しく履く」ことが大切です。

 

 

・予約の間隔を30分以上あけてお客様をご案内いたします。

・窓を開ける、空気清浄機にて換気と空気清浄に努めます。

・ドアノブなど手の触れるところ、床、ケアに用いる物品等の洗浄、清拭、消毒に努めます。

・施術者は健康管理に努めます。