【足の爪の役割】足の小指の爪はありますか?

 

お客様の足をみせていただくと

・足の小指の爪が米粒のように小さくなっている

・爪と皮膚の境目が分からなくなっている

・横をむいている

ど、足の小指の爪のトラブルをお持ちの方が大勢いらっしゃいます

「小指の爪、小さくなっていますね」とお客様に伝えると、気付いていない方もいらっしゃいます。

 

手の爪は、物をつまんだり、痒いところをかいたり、何かを剥がしたり、表舞台で大活躍。

それに比べると、足の爪は、その存在や有難さを感じることは、少ないかもしれません。

巻き爪などで痛みがある方は、「爪がなければ。。。」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、足の爪は、足と身体の健康にとって重要な役割を果たしてくれています。

 

爪の役割

爪は、皮膚の角質層が変化したものです。

 

爪は、身体の中では、小さなパーツですがなくてはならないものです。

爪の主な役割をみていきましょう。

 

出所:https://www.sunsorit.co.jp/shop/wellaging/peeling/skincare_column_18/

 

・物を上手くとらえる

指先の骨(末節骨)は、指の先端まで達していません。

それを補うために爪がついています。

 

物をつかんだり、触ったりするときに指の腹に力が加わりますが、爪がその力を受け止める(跳ね返す)ことにより、その物を上手くとらえることができます。

爪がなければ、肉だけの指先でふにゃふにゃです。

そして、指の腹に加わった力を受け止めることがでず、微妙な力加減もできなくなってしまいます。

爪があることで紙を数えたり、缶を開けたり、ペンで字を書いたり細かい動きができるのです。

 

手の爪が機能を発揮するとボールをコントロールよく、早く、遠くに投げることができます。

野球選手の田中将大さんは、ネイルケアしていることで有名ですよね。

これは、足の爪にも言えることです。

足の爪が機能を発揮することで力強く踏んばったり、蹴りだしたり、バランスよく安定して立つことができます。

 

・指先の保護

指には神経が集中しています。

爪は、その神経を保護し、指の感覚を鋭くしてくれています。

爪がふにゃふにゃではなく、硬いのもそのためです。

 

もし足の爪がなかったら

足は、身体の一番下にあり、全体重がかかります。

また、一歩ごとに地面からの衝撃も受け、きわめて負担のかかる部分です。

そのため、爪のトラブルは、手よりも足に起こりやすいです。

 

足の爪がないと、足の指の腹に加わった力を受け止めることができず、微妙な力加減もできなくなってしまいます。

そのため、うまく立ったり、歩いたり、走ったりすることができなくなります。

踏ん張ることもできません。

バランスをとりにくくなるため、ふらふらとします。

ふにゃふにゃのマットやトランポリンの上にいる感じです。

この状態でバランスを取り続けると、余計なところに力が入り、足首や膝、腰、首など全身に影響します。

年齢を重ねるごとに他の部分の機能も低下し、転倒のリスクが高まります。

足の爪は、いつまでも元気に歩くために欠かせないパーツなのです。

 

足の爪のトラブルを予防する爪の切り方

足の爪を見てみましょう。

・「足の爪は、真っ直ぐ上を向いていますか?」

・「足の小指の爪は、小さくなっていませんか?」

・「爪を切るのが面倒で、一気に深爪をしていませんか?」

足の爪のトラブルを予防する爪の切り方を実践して、いつまでも元気に歩きましょう。

 

爪切りでは、「四角形(スクエア)」をイメージして整えます。

 

・スクエアオフ

指の先端と同じか、やや長めに切り、両端の角を少しだけカットする。

 

スクエアオフは、爪が正しく機能する切り方です。

爪の先端が皮膚に当たったり、食い込んだりしない、トラブルを起こしにくい切り方です。

 

・深爪

爪の先端を深く切りすぎた状態です。

深爪は、地面からの力を十分に受け止めることができません。

 

地面からの力に負けてしまい、つま先の皮膚が盛り上がって爪が埋もれてしまいます。

陥入爪や肥厚爪、爪の変形などのトラブルも起こしやすくなります。

 

・バイアスカット

爪の両端を大きく斜めに切った状態です。

爪は、縦方向と横方向の繊維が3層構造になっているので、繊維に対して大きく斜めに切ると、クルクルと内側に巻いてしまう性質があります。

爪の両端を大きく斜めに切るバイアスカットは、巻き爪などのトラブルを起こしやすくなります。

 

いつまでも快適に歩くためには、足の爪は欠かせません。

巻き爪、肥厚爪、爪が無いなどのトラブルがあり、どうしたらよいのか分からないという方は、始めはプロにお任せください。

正しい足の爪のケアで、足が本来持っている機能を回復させましょう!