蒸し暑い毎日、足の手入れで水虫を予防しましょう

高齢者の方のご自宅や入居されている施設に伺い訪問フットケアを行っています。

この時期、足の指の間がジュクジュクした状態になっている方がよく目につきます。

医師ではないので診断はできませんが、水虫疑いの方が増えてきています

水虫とは、白癬という真菌(カビ)が、足の角質層に寄生することで生じる皮膚の感染症です。

 

 

水虫

 

 

 

 

 

足の水虫は、「趾間型」「小水疱型」「角質増殖型」の3つのタイプに分類されます。

白癬菌が足の角質層を侵食すると足の指や足の裏などに水疱や皮膚の剥離などが起こり、痒みや痛みなどの苦痛があります。

しかし、角質増殖型では痒みはほとんどないため、水虫と気づかないまま悪化したり、人に感染させたりすることがあります。

水虫であるかどうかは、患部の角質を少し削って顕微鏡で検査することで診断されます。

 

 

白癬菌は、ちょうどこの時期のような高温多湿を好みます

人間の髪や爪、角質などに含まれるケラチンというたんぱく質を栄養源とします。

汗などの汚れが残ったアルカリ性の皮膚も白癬菌が増殖しやすい環境です。

白癬菌がいったん皮膚に寄生するとなかなか離れないないのが、水虫が治りにくい理由です。

水虫が足に起こりやすい理由は、足の裏で白癬菌を踏む機会が多い部位だからです。

 

 

水虫の予防法

●日々、足を清潔に

水虫の予防には、清潔さを保つことが欠かせません。

一日の終わりに足をきれいに洗い、水分はよくふき取りましょう

 

 

●靴や靴下選び

靴を長時間履き続けると足が蒸れます。

五本指靴下などを利用し指間蒸れを軽減しましょう。

冷えるからといって、靴下を履いて寝るのは、NGです。

寝ている間も汗をかいています。

足は全身の中でも汗腺の多い場所です。

靴下が湿り、逆に足が冷えてしまいます。

寝るときは、素足の方が、蒸れ予防、冷え予防になります

靴は2~3足をローテーションし、毎日同じ靴を履かないように。

一日履いた靴は、通気性のよいところで乾かしましょう

 

 

●感染を防ぐ

不特定多数の人が素足になる施設、温泉、プール、座敷などを利用した際は、その日のうちに足を丁寧に洗いましょう

家族内に水虫の方がいる場合は、バスマットやスリッパは別々のものを使用しましょう

 

 

●高齢者の方など、施設に入居されている方の水虫予防のポイント

施設に入居している方は、靴を履いて過ごす時間が多くなり足が蒸れやすくなります。

靴を脱ぐ時間を意識的に設けたり、五本指靴下の着用をおすすめします。

 

毎日入浴しない、入浴しても足の指の間まで十分洗えていない方が大勢いらっしゃいます。

施設に入居中の高齢者の足が汚いのはあたり前にせず、ぜひ足浴を毎日のケアに取り入れて下さい

水虫の予防や改善に効果的です。

 

 

「足浴 フリー素材」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足を温めて石鹸を泡立て、丁寧に足全体を指の間まで洗ってください。

洗い終わったら、石鹸が残らないように十分流します。

そして、水分が残らないようにタオルで押さえるようにして拭きとります

皮膚に余計なストレスを与えないようにゴシゴシと拭きとることは避けて下さい。

水虫薬が処方されている場合は、患部に浸透しやすい入浴後や足浴後に塗ると効果的です

足浴は、足が清潔になるだけでなく、循環促進にもなります

 

まずは、「毎日の足の観察」から始めて下さい

指と指の間もしっかりチェック。

白くふやけていたり、切れていたり・・・

見つけた時には、放置せず相談すること、受診することをおすすめします。

 

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約