幅広足でどんな靴を履いても痛くなる

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「どんな靴を履いても痛くなる。」と言って来られるお客様のほとんどは、「私の足は、幅広なんです。」とおっしゃいます。

しかし、計測すると本当に幅広の人はめったにいません

*「「私の足は幅広です」の思い込みが足を痛くする」

どうして、足幅が広いと思ってしまうのでしょう。

それは、足が痛い=キツイというイメージ」があるからです。

その結果、「自分の足幅は広い」と勘違いする人が多いのです。

間違った思い込みから、合う靴が見つからない落とし穴に自ら落ちています

 

 

自分の足にぴったりな靴を見つけるために必要なのは、正しい足のサイズを知る」ことです。

正しい足のサイズを知ることは、靴選びの際の物差しになります。

 

また、幅広と思い込んでしまう落とし穴はもう一つあります。

それは開張足」という足の状態です。

開帳足の人は、とても多いのですが、気付いていない人がほとんどです。

なぜなら、痛みなどの症状がなく、幅広に見えるだけだからです。

幅広に見えるから、幅広足と思い込んでしまいます

 

・体重がかかると足幅は広がる

 

・体重がかからないと、こんなにもほっそり

*「【痛くならない靴の選び方】「私の足は、幅広甲高だ」は間違った思い込み」

歩く」とは、足が着地し体重がかかる状態と足が宙に浮いて体重がかからない状態繰り返しです。

靴選びでは、どちらの状態も考慮しなければいけません

 

足幅が広くて合う靴がないと思っている方は、きっちり足を計測しましょう。

長年の悩みがスッキリ解決します。