削ってもくり返すひび割れかかとの原因は?

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、ひび割れかかとにお悩みのお客様がお越し下さいました。

かかとは、年中ガサガサ、ひどい時はひび割れて歩くのも痛いとのこと。

足の痛みは、歩行の歪みの原因になり全身に影響します。

お客様も膝や腰にも不調を感じていました。

ひび割れかかとの改善と予防には、「保湿」「靴を正しく履くこと」が大切です。

 

保湿

足の裏には、皮脂腺がないため、もともと乾燥しやすい部分です。

足がベタベタ蒸れるのは、汗が原因です。

毎日、お風呂上りに保湿して下さい。

私のおすすめは、ラードです。

豚の脂の成分は、人の皮脂に近いので驚くほどスーッと馴染みます。

「さすが、同じ動物!」という感じです。

植物由来、石油由来の保湿クリームに比べると使用感が全く違います。

*足の爪もどんどん乾燥する季節。保湿ケアで爪トラブル予防

 

靴を正しく履くこと

まずは、サイズが合っていることが大切です。

しかし、サイズが合っていても履き方を間違えていると、いつまでたっても足はよくなりません

正しい靴の履き方とは、かかとと靴のかかと部分をフィットさせることです。

かかとがフィットしていないと、一歩ごとに、かかとを靴にぶつけながら歩くことになります。

かかとの角質は、その部分を守るために分厚くなってきます

分厚くなった余分な角質は、カチカチです。

毎度毎度、靴にぶつかる刺激ですぐにひび割れます。

 

人間は、親指の付け根、小指の付け根、かかとの3点に体重を分散することで、安定した美しい姿勢が保持できます。

 

ひび割れかかとは、かかとに体重が集中し、かかとへの負担が増す「かかと体重」も大きな原因のひとつです

かかとへの負担が増すので、その部分を守るために角質が分厚くなってくるのです。

「かかと体重」ということは、足の指を使えていない証拠です。

足の指が使えていないから、かかとに体重がかかるのです。

靴を正しく履くことで足の指が使いやすくなります

足の指が使いやすくなることで全身の循環がよくなります

循環が良くなることで新陳代謝がよくなり、肌のターンオーバーが正常化され、余分な角質がたまりにくくもなります