【痛くならない靴の選び方】「私の足は、幅広甲高だ」は間違った思い込み

こんにちは!

看護師による安心・安全・安楽なフットケアで100歳まで歩ける足もとづくり♪

足の看護師、中谷です。

いつもご覧下さりありがとうございます。

 

 

お客さまとお話ししていると

「私の足は、幅広で甲高なので合う靴が本当にありません・・・」

というフレーズがよく出てきます。

 

靴を履くと指が当たって痛いから、できるだけ幅の広いものを選ぶ・・・

靴売り場で試着して、「これは、大丈夫♪」と思って購入。

いざお出かけに履いていくと、痛い!

とにかく早く脱ぎたいから、急遽、靴を買って履きかえる(涙)

なんてことありませんか?

 

私もそんなことの繰り返しでした。

超細幅足の私も、昔は「私の足は幅広で、どんな靴を履いても痛くなる・・・」と思い込んでいました。

 

しかし、立った状態で自分の足を見ると、べちゃっと広がって見えるので「幅広だわ」と思いがちですが、歩行の40%は、足が空中に浮いています

「歩行周期」の画像検索結果

出所:https://www.ottobock.co.jp/prosthetic_le/info/technical_term/

 

 

その空中に浮いている時の足の幅が靴選びには重要なのです

ぜひ、椅子に座って、体重をかけた時の足幅と、宙に浮かせた時の足幅を上から見くらべてみてくださいね。

 

 

私の足は、こんなにも違う(;^ω^)

 〈体重をかけた時〉  〈体重をかけない時〉

 

 

 

宙に浮いて足幅が細くなった時に、足と靴がずれ

着地すると、靴の中で足が前滑りする。

これが、足が痛くなる原因です。

 

 

 

 

 

では、どうやってサイズをえらべばいいのでしょうか?

「体重をかけた時の足囲だけでなく、体重をかけていない時の足囲も測って靴を選ぶこと」が、痛くならない靴選びのポイントです。

「私の足は、幅広甲高なんです・・・」とおっしゃる方々は、体重をかけない時の足幅が、細い方が多いです。

 

 

足に関する勘違いをリセットして、春の靴選びをはじめませんか?

足の計測と靴の選び方アドバイスでは、靴屋さんでは教えてくれない、あなたの足に合った靴選びをご提案をしています。

 

 

3月2日は、宮脇書店和歌山店内カフェ sugar & spiceさんにて

「足と靴のお悩み相談会」を開催します。

足と靴のお悩み解決方法をズバッとアドバイスいたします。

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約
・電話:080-4237-3731