【痛くならない靴の選び方】「私の足は、幅広甲高だ」は間違った思い込み

 

お客様とお話ししていると

「私の足は、幅広甲高なので足に合う靴が本当にありません・・・」

というフレーズがよく出てきます。

 

靴を履くと指が当たって痛いから、できるだけ幅の広いものを選ぶ・・・

靴売り場で試着して、「これは、大丈夫♪」と思って購入。

いざお出かけに履いていくと、痛い!

とにかく早く脱ぎたいから、急遽、靴を買って履きかえる(涙)

なんてことありませんか?

 

以前の私もそんなことの繰り返しでした。

超細幅足の私も、昔は「私の足は幅広で、どんな靴を履いても痛くなる・・・」と思い込んでいました。

 

「私の足は、幅広甲高だ」は間違った思い込み

立った状態で上から自分の足を見ると、べちゃっと広がって見えるので「幅広だわ」と思いがちですが、歩行の40%は、足が空中に浮いています

その空中に浮いている時の足の幅も靴選びには重要なのです

出所:https://www.ottobock.co.jp/prosthetic_le/info/technical_term/

 

ぜひ、椅子に座って、体重をかけた時の足幅と、宙に浮かせた時の足幅を上から見くらべてみてくださいね。

 

私の足は、こんなにも違う!

 〈体重をかけた時〉  〈体重をかけない時〉

 

出所:2014年フットケア学会年次学術集会「フットケアに必要な靴の基礎知識」

 

出所:足囲測ろう!プロジェクト2018年集計

 

いろいろな集計からも荷重位(体重がかかった時)と非荷重位(体重がかかっていない時)のワイズのピークが3段階程度ちがうことが分かります。

 

宙に浮いて足幅が細くなった時に靴の中で足が動き、着地すると足が靴の前方へ押し込まれてつま先が靴に当たる(前滑り)。

これが、足が痛くなる原因です。

「どんな靴も合わない、足が痛くなる。」という方は、荷重位と非荷重位のワイズ差が大きいという方が多いです。

 

 

では、どうやってサイズを選べばいいのでしょうか?

「体重をかけた時の足囲だけでなく、体重をかけていない時の足囲も測って靴を選ぶこと」が、痛くならない靴選びのポイントです。

これは、足の老化をストップするためにも重要です。

>>>「【靴で老化をストップ】あなたの足は、幅広ではありません!」

 

足に関する勘違いをリセットして、春の靴選びをはじめませんか?

「足の計測と靴の選び方アドバイス」では、靴屋さんでは教えてくれない、本当のあなたの足に合った靴選びをご提案をしています。