巻き爪や陥入爪などの爪の変形を予防して元気に歩く

こんにちは。

看護師による安心・安全・安楽なフットケアで安定する足もとづくり、中谷です。

 

 

 

 

深爪の方が大勢いらっしゃいます。

白く伸びたところが見えてくると気になって仕方ないようです。

 

深爪は、陥入爪や肥厚爪などの爪のトラブルの原因になります

 

今回は、足の爪の切り方について。

 

短すぎる爪では、足の指先に力が入りません

それは、足の指の骨が、指の先端まで達していないから。

 

 

 

深爪をすることで、足の指で踏ん張る力が低下する。

これは、高齢の方なら転倒に直結します。

 

足の指の先端まで爪が被さる爪の長さと形大切です。

すっきり切りたい気持ちを押さえて、白く伸びた部分を2㎜程度残し少し長めにしておくこと。

 


深爪や角を極端にカットすると、爪まわりの肉が盛り上がり爪が伸びるのを邪魔します。

 

 

 

そのうち、爪の端が皮膚にくい込んで見えづらくなり、きちんと切れなくなります。

切り残した部分がトゲ(爪棘)のようになります。

爪棘が皮膚につき刺さり痛みや化膿に繋がります。

 

正しい爪の切り方、ぜひ実践されて下さいね。

 

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約
・電話:080-4237-3731