就活、接客、営業・・・踵が脱げる靴でしていませんか?

 

就活、接客、営業・・・踵が脱げる靴でしていませんか?

「身だしなみ」は、人に不快感を与えないように、髪や服装、言葉遣いや態度などを整えること。また、その心がけ。

特にビジネスシーンでは、身だしなみを整え初対面で悪い印象を与えないようにすることは、その後の仕事に大きく関わってくる大事なことですよね。

 

出所:https://bg-mania.jp/2016/03/26151545.html

 

服装や化粧、髪は整えているのに、かかとが脱げる靴を履いている女性をよく見かけます。

これを見て良い印象を持ちますか?

脱げそうな服を着ている人に仕事を任せようとは思いません。

靴も同じではないでしょうか?

 

第一印象の問題だけでなく、脱げそうな靴を履いて歩きまわるのは大変です。

常に靴が脱げないように足が緊張してしまい自然に歩けません。

これは、身体を壊す原因にもなります。

目指していた職業に就いても、制靴(会社に決められた靴)に耐えられず辞めるという方もいます。

もったいないですよね。

 

足元の身だしなみを整えるには、先ず自分の足のサイズを知ることからです。

自分の足のサイズは、我慢しないで履ける靴を選ぶ物差しになります。

もっともっと快適に仕事ができるように、知っているようで知らない足のサイズ、測ってみませんか?

「足の計測と靴の選び方アドバイス」では、足と靴と身体のしくみをお伝えしています。

就活、接客、営業・・・踵が脱げる靴でしていませんか?” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。