足のむくみがとれる靴選び。

こんにちは。

和歌山・メディカルフットケア アンの中谷です。

いつもブログをご覧下さりありがとうございます。

 

近所のスパーで秋刀魚が一匹300円近くしてビックリ(*_*)

漁獲量が減っているのですね。

このままどんどん高級魚になっていくのでしょうか・・・

秋刀魚が大好きなので辛いです。

 

今日のお客様は、足のむくみにお悩みでした。

普段はスニーカーをよく履いている方です。

スニーカーを履いていてむくむという方は、サイズと履き方が間違っているいる方が多いです。

そのため、足に合った靴を正しく履いて歩くことで、簡単にむくみがとれることが多いです。

 

足を計測し履いて来られた靴を確認。

やはり大きすぎの靴を履かれていました。

そして、紐には結びっぱなしの跡が残っています。

 

足に良いと思ってスニーカーを選んでいても

スニーカーをスリッパやスリッポンのように履いていたら足を痛めますし、むくみますし、疲れます。

脱ぎ履きしやすい状態の靴は、足に負担をかけます。

 

脱ぎ履きしやすい靴を履いて歩くと靴が脱げないように無意識のうちに足に力が入ります。

常に足が緊張状態になるのです。

緊張すると血液など体液の循環状態が悪くなりむくむのです。

 

スニーカーを履いてむくみをとるために重要なことは

・正しいサイズを選べること

・正しい履き方ができること

これで歩き方もよくなり、ふくらはぎのポンプ機能が効果的に働きます。

循環が促進されむくみがとれ疲れにくくなります。

 

 

毎日ウォーキングをしている。

通勤で歩く。

という方は、ぜひ靴と靴の履き方の見直しをおすすめします。

循環が促進され身体がどんどん快適になりますよ^^