足の冷えを内側から改善する方法

 

足の冷えを内側から改善する方法

最近ご来店いただくお客さまのお悩み

寒くなってきたこともあり、足の冷えが多くなっています。

「足が冷えて氷のよう」

「靴下の重ね履きをしています」

「つま先が紫色になります」

寒い時期だけでなく、年中足の冷えに悩む方もいらっしゃいます。

 

 

先ずは、靴下の重ね履きをしたり、靴下にカイロを貼ったり外部から保温しますよね。

しかし、冷えの根本改善には、「血流をよくすること」が重要です。

血流が大切ということは、理解していても、実際に血流をよくするためにケアを行っている人は少ないようです。

 

この冬の冷え対策に「足に合った靴に履きかえる」ことを追加しませんか?

「足に合った靴を履いて歩く(日常歩行でOK)」ことは、血流をよくする冷えの根本解決法です。

 

足に合った靴を正しく履いて歩くと、足の指がしっかり機能します。

足の指がしっかり機能することで、血流が活発になります

血流が良くなるので、むくみもすっきりしますよ。

 

 

ヒトにとって歩くことは、生きること。

ぜひ、靴を見直してください。

>>>「ふかふかモコモコの靴は温かそうですが、歩く日の外出には不向き」

>>>「足の冷えは足に合った靴を履いて解消」

 

「足に合った靴の選び方が分からない、お気に入りの靴が足に合っているのか判断してほしい」

そんな方は、ぜひいらしてくださいね。

「足の計測と靴の選び方アドバイス」では、いつまでも元気に歩くための足と靴と身体のしくみをお伝えしています。