足の冷えは足に合った靴を履いて解消

 

気温がグッと下がってきましたね。

これからの季節、足元の冷えに悩む方が増えてきます。

快適歩行プロデューサーおすすめの冷え対策は、足に合った靴を履くことです。

 

 

意外かもしれませんが、足に合った靴を履いて歩くと冷えにくくなるんです。

人間は、自然な歩き方をすれば、体が暖まる仕組みになっています

 

足に合った靴を履いて歩くと

足の指が自然に伸びて、地面を押すことができます。

 

 

この動きは、ふくらはぎのインナーマッスルに連動します。

すると、ふくらはぎのインナーマッスルに挟まれた静脈やリンパの巡りがよくなるのです。

筋肉には、「熱をつくる」重要な働もありますから、静脈を流れる血液も温められ体を巡ることになります。

 

 

正しい歩き方のポイントは、

足の指が伸びた状態で地面を押して、ふくらはぎのインナーマッスルを連動させること。

これには、足に合った靴が必要。

巡りが良くなるので、むくみもすっきりしますよ。

 

ヒトにとって歩くことは、生きること。

ぜひ、靴を見直してください。

>>>「ふかふかモコモコの靴は温かそうですが、歩く日の外出には不向き」

「足に合った靴の選び方が分からない、お気に入りの靴が足に合っているのか判断してほしい」

そんな方は、ぜひいらしてくださいね。

「足の計測と靴の選び方アドバイス」では、冷えを解決するための足と靴と身体のしくみもお伝えしています。

足の冷えは足に合った靴を履いて解消” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。