足の冷えについての勉強に、和歌山大学の学生さんが来られました。

こんにちは。

和歌山・メディカルフットケア アンの中谷です。

ブログにご訪問下さりありがとうございます。

 

先日、和歌山大学 経済学部の学生さん3名が、足の冷えについて勉強したいとのことで来られました。

企業との共同開発コンテストで、冷えに関する商品開発に取り組んでいるとのことでした。

たくさん勉強され、試作品を作られていました。

 

「足が冷えると体にどんな悪影響がありますか?」

冷えによって起こる不調はたくさんあります。

だから、「温めることが大切!」というのは、だれもが思いつく対症療法です。

試作品も主に保温性を考えて作られていました。

 

商品のコンセプトによっても変化しますが、対症療法だけをしていても冷えの解決にはなりません

冷えの根本解決にはいたりませんから、商品は売れ続けるでしょう。

そのため、保温性を考えた製品は、世の中にあふれています。

冷えを根本解決してしまうと、それらの商品は売れなくなってしまいます。

商売的には対症療法が理にかなっているのでしょうね。

同じような商品がたくさんある中で、自社の製品が選ばれるように、わずかに特徴を変化させているだけです。

 

私からは、冷えの根本原因と解決策を説明させていただきました

根本原因の解決に役立つ製品ができれば、突き抜けること間違いなし!

 

 

骨格模型や解剖生理の本を用いて冷えのメカニズムを説明。

「あー、そうなんですねー。」フムフムとメモをとる。

まだ腑に落ちない感じ。

その後、学生さんに実際に体験して頂くと、

「わぁー!全然ちがう!!」

「こういうことだったのですね!」

「普段からこうできると、冷えないんですね!!!」

表情がキラキラ輝きました^^

 

聞いているだけ、考えているだけでは、分からない。

やっぱり、行動、体得することが大切♡

注目される製品を開発してくださいね!

 

私のサロンでは、足の不調の根本原因にアプローチします。

体得したことを実践される方は、不調を繰り返しません。