足に合わない靴は足の衰えを加速する

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

足に合わない靴は足の衰えを加速する

足に合わない靴を履いていると、足の骨格が崩れます。

足の骨格が崩れると地面からの衝撃を緩和できません。

 

出典:http://happyvalue.qj.shopserve.jp/SHOP/gil-000.html

 

あなたの足裏には、タコができていませんか?

タコは、繰り返される衝撃から身体を守ろうとする防御反応のひとつです

もしタコができていたら、あなたの足の骨格は崩れ、地面からの衝撃を緩和できていません

 

 

お客様には、足の骨格を整えるために足にスニーカーをフィットさせて履く方法をお伝えし実践して頂いています

スニーカーは、甲まで覆われ靴ひもを調整することで、足をホールドできます。

パンプスのようにパカパカとかかとが脱げることはなく、足指を使って歩くことができます。

 

足指を使って歩くと、血液循環が良くなりつま先までポカポカ温かくなります

足の疲れやむくみの原因になる老廃物も溜まりません

むくみが解消され、本来のあなたの足に戻ります

 

むくんだままの足でパンプスを選ぶと、むくみがとれた時にはブカブカになります。

ブカブカの靴では、足の骨格は崩れますし、むくみは解消できません。

 

足にスニーカーをフィットさせて履くと、足と身体は想像以上に元気になります。

ハイヒールなどのおしゃれ靴を履きこなす近道でもあります。

まずは、スニーカーの正しい履き方を実践して足の骨格を整えましょう!

足と靴と身体のしくみについては、「足の計測と靴の選び方アドバイス」でお伝えしています。