巻き爪が痛くて歩けないと・・・

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日のお客様の足のお悩みは、巻き爪の痛みでした。

以前、巻き爪矯正をして、一旦よくなり痛みも無くなったのですが、また爪が巻いてきて痛くなってきたとのことです。

 

「とにかく痛くて、体重がかけられません。」

そうですよね・・・

巻き爪の方は、痛くて足の指に体重がかけられません

この状態が、巻き爪悪化の悪循環を起こします。

 

爪は、もともと巻く性質があります。

手の爪が巻いてきて痛いというのは、聞いたことがありませんよね。

それは、手はものをつかむことをよくしているからです。

物をつかむことで、爪に反対側から程よい圧がかかり巻いてくる力が相殺され、爪が広がります

 

では、足の巻き爪は・・・

足の指に程よい圧がかかっていないということです。

正しく歩けていない証拠です。

そのため、巻き爪矯正をしても歩き方を変えなければ再発を繰り返す可能性が高いのです。

 

幸いお客さまの巻き爪は、軽度でした。

爪と皮膚の間の溝を丁寧にお掃除しテーピングをさせていただきました。

それだけで痛みは軽減しました^^

 

そして、正しく歩くために欠かせない足に合った靴の選び方をご説明しました。

巻き爪は、局所だけでなく根本原因をみつけてケアすると繰り返しません。