巻き爪ぎみで痛い時の応急処置

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

靴を履いて歩くと爪先が痛くなってくることはありませんか?

それは、巻き爪の初期症状かもしれません。

 

巻き爪補正をするほどではない・・・

でも痛い・・・

という時は、「テーピング」をしてみましょう!

 

爪が食い込むギリギリのところにテープを貼り

テンションを掛けながら、クルッと巻き固定します

 

 

爪が皮膚から離れるので痛みが軽減します。

とは言っても、これは一時しのぎ

巻き爪の進行を予防するために、早めの靴や歩き方の見直しをおすすめします。

巻き爪の痛みをかばいながらの歩行は、全身の負担になります。

 

巻き爪補正の無料カウンセリングも行っています。

お気軽にご相談ください。