【足爪のケア】巻き爪の痛みは、がまんせず早めのケアが大切です

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

巻き爪の痛みは、がまんせず早めのケアが大切です

昨日は、巻き爪にお悩みのお客様がお越し下さいました。

 

巻き爪の程度を確認し、症状をお伺いします。

ずいぶん前から爪がまるまっていましたが、痛みがないためずっと様子をみていたそうです。

最近、靴を履くと痛いとのこと。

 

お客様の意向なども伺いながら

すぐに巻き爪補正をするのではなく、足爪のケアで改善を目指すことになりました。

 

爪と皮膚の間を丁寧にお掃除し、爪の長さや形を適切に整えます。

今回のお客様の場合は、これだけで靴を履いた時の痛みが消えました。

 

親指で地面を押すことができていない歩き方のクセは、巻き爪の原因になります

巻き爪の痛みがあり親指をかばう歩き方になってしまうと、さらに巻き爪が進行する悪循環がおこります

また、爪は乾燥すると変形しやすくなるので保湿も大切です。

 

巻き爪の進行を予防するために

・爪の整え方 *「足のトラブルを予防する爪の切り方」

・歩き方

・保湿の方法 *「足の爪もどんどん乾燥する季節。保湿ケアで爪トラブル予防」

などセルフケアのポイントをアドバイスさせていただきました。

 

当サロンでは、お客様の意向をお聞きしてケアの方法を決めさせていただいております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。