【巻き爪の原因】足の指を使わないと巻き爪になる

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正しい歩き方をしていないと、様々なトラブルが引き起こされます。

「巻き爪」もその一つです。

 

人の爪は、もともと巻いてくる性質があります

生理的な歩き方では、歩くときに指で地面を押して、指に地面からの圧力がかかります。

これが、爪が巻こうとする働きへの抵抗になります。

 

ところが、足の指をきちんと使えていないと、指に圧力がかかりませんから、爪が巻きこみ、肉にくい込んできます。

 

手の爪も同じです。

日常的に何かをつかんだり、抑えたり、様々な場面で圧力をかけているので、巻いてきません。

事実、歩くことが少ない高齢者の方、障がいがあり手足が不自由な方などは、巻き爪になっているケースが多いです。

 

巻き爪であるということは、足の指を使えていないということを意味します。

巻き爪部位のケアと同時に、歩き方を改善することが、巻き爪を再発しないポイントです。