足のタコは、身体の変調を知らせるサイン

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世間一般的に足はなおざりにされがちで、足から出ているサインに気づいていない人が多いことを残念に思います。

お客様にも多いのが、タコの放置です。

痛みが無ければ放置されている方が多いです。

痛みがある場合は、削って対処されている方もいます。

しかし、なぜタコができるのか?」という原因を究明する人は、少ないですね。

 

「いつ頃からタコができましたか?」と伺っても覚えている方は少ないです。

中には、「この靴を履いてから・・・」という方もおられます。

靴のせいにされがちですが、靴のせいだけではない場合も多くあります。

 

なぜタコができたのか?

なぜ削っても繰り返しできるのか?

このタコは、本当に靴のせいなのか?

どのような靴であれば、タコはできないのか?

 

足からのサインに気づいたら放置せずに、原因を究明しましょう。

それが、年齢を重ねてもストレスなく歩ける身体につながります。

「足の計測と靴の選び方アドバイス」では、いつまでも元気に歩くための足と靴と身体のしくみをお伝えしています。