足のタコは、身体の変調を知らせるサイン

世間一般的に足はなおざりにされがちで、足から出ているサインに気づいていない人が多いことを残念に感じます。

足は身体の末端にあるので、身体の異変を知らせてくれることがあります。

 

お客さまにも多いのが、タコの放置です。

痛みが無ければ放置されている方が多いです。

痛みがある場合は、削って対処されている方もいます。

しかし、「なぜタコができるのか?」という原因を究明する人は、少ないですね。

 

「いつ頃からタコができましたか?」と伺っても覚えている人は少ないです。

中には、「この靴を履いてから・・・」という人もおられます。

靴のせいにされがちですが、靴のせいだけではない場合も多くあります。

 

なぜタコができたのか?

なぜ削っても繰り返しできるのか?

どのような靴であれば、タコはできないのか?

このタコは、本当に靴のせいなのか?

 

足からのサインに気づいたら放置せずに、原因を究明しましょう。

それが、年齢を重ねてもストレスなく歩ける身体につながります。

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約