外反母趾の手術を受けてまっすぐになっても・・・

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3年前に外反母趾の手術を受けたお客様からのご相談がありました。

「手術を受けて、足の指はまっすぐになっていたのですが、最近また少し痛むんです・・・」

足の指がまっすぐになって安心していたのもつかの間、痛みがでてきて不安で不安で仕方ないご様子です。

 

「足の計測と靴の選び方アドバイス」でわかった現状は、外反母趾の方に特有のタコができていました。

靴は、「再発が怖くて、ぺたんこで大きめの靴にしています。」と・・・

歩き方にもクセがあります。

 

外反母趾の原因と根本解決

・ぺたんこで大きめの靴

・歩き方のクセ

外反母趾の根本解決には、靴や歩き方を見直すことが大切です。

 

足の指の変形のほとんどは、生活習慣によるものです。

その為、いくら手術でまっすぐになっても、誤った生活習慣を改めないと再発する可能性が非常に高くなります。

 

外反母趾の場合、足の幅が広がったように見えてしまうことや当たると痛いことで幅の広い靴を選ぶ傾向にあります。

でもこれが、靴選びの間違いであり、悪循環の入り口なのです。

*「あなたの足は、幅広ではありません!」

 

S様の足幅は、パッと見ただけでも細身です。

計測すると、ワイズはなんとAA!!

 

AAの靴をお試し頂くと・・・

「私の足ってこんなにも細いんですね・・・

こんな細い靴、自分では絶対に選ばないです

相談して良かったです。」

 

当日履いていらした靴は、ぺたんこでユルユル、靴の中で足が泳ぐ状態です。

緩い靴は、足のトラブルの大きな原因になります。

 

足の痛みに早期に対応されたS様

外反母趾の根本原因もご理解されました。

今日から足もとを整え、正しく歩くために重要な股関節のケアも行っていきます。

外反母趾の再発予防をしっかりサポートいたします。