痛い魚の目のケア

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、田辺市から始めてのお客様が

「痛い魚の目をどうにかしてください!」とお越しくださいました。

 

お話を伺うと今までずいぶん悩まれてセルフケアをしたり

靴も足に良いといわれるものをいろいろ試されたとのことです。

 

見せていただくと小指に魚の目ができています。

魚の目は、小指、足の指の上側、指の間などにできやすく角質が増殖してくるものです。

たこが「であるのに対し、魚の目は皮膚の内側に向かってくさび形の「点」になって肥厚していき、芯になります

この芯に外部から圧力が加わると、硬くとがったものを踏んだ時のように飛び上るほどの激痛が走ります

 

出典:http://www.nichiban.co.jp/health/speel_cxot/index.html

 

魚の目の芯は、専用のマシーンでスッキリ取り除きます。

靴を履いた時の痛みも感じなくなりご満足いただけました。

 

いつも同じ場所に繰り返しできる魚の目の原因は、合わない靴立ち方歩き方のクセによる重心の偏りです

お客様には、諦めないでもう一度足に合った靴の見直しと足のアーチをサポートするインソールをご提案させて頂きました。

歩くと痛い魚の目にお悩みの方どうぞご相談ください。