痛い魚の目のケア

こんにちは!看護師による安心・安全・安楽なフットケアで安定する足もとづくり、中谷です。

いつもブログをご覧下さりありがとうございます。

 

先日、田辺市から始めてのお客様が

「痛い魚の目をどうにかしてください!」とお越しくださいました。

 

お話を伺うと、今までずいぶん悩まれてセルフケアをしたり

靴も足に良いといわれるものをいろいろ試したりされたそうです。

 

見せていただくと小指に魚の目が・・・

 

魚の目は、小指、足の指の上側、指の付け根の間などにできやすく

小型の角質が増殖してくるものです。

たこが「面」であるのに対し、魚の目は皮膚の内側に向かって

くさび形の「点」になって肥厚していき、芯になります。

この芯に外部から圧力が加わると、硬くとがったものを踏んだ時のように

飛び上るほどの激痛が走ります。

 

 

出典:http://www.nichiban.co.jp/health/speel_cxot/index.html

 

 

ウオノメの芯は、専用のマシーンでスッキリ取り除きます。

靴を履いた時の痛みも感じなくなりご満足いただけました。

 

いつも同じ場所に繰り返しできる魚の目の原因は

合わない靴や立ち方、歩き方のクセにより

重心のバランスが偏っていることがほとんどです。

 

お客様には、諦めないで、もう一度足に合った靴の見直しと

足のアーチをサポートするインソールをご提案させて頂きました。

 

歩くと痛い魚の目にお悩みの方どうぞご相談ください。

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約
・電話:080-4237-3731