どんなパンプスを履いても足が痛くなる理由

おはようございます。

和歌山・メディカルフットケア アンの中谷です。

いつもブログをご覧下さりありがとうございます。

2日間雨が続いている和歌山です。

 

昨日のお客様。

「どんなパンプスを履いても足が痛くなる。」とお悩みで、

「足の計測と靴の選び方アドバイス」を受けられました。

 

パンプスやハイヒールで足が痛くなると、歩くのが嫌になってしまいますね。

あなたの足は、傷だらけではありませんか?

「どんなパンプスを履いても足が痛くなる。」

「靴ズレする。」とお悩みの女性は多いですよね。

なぜパンプスやハイヒールで足が痛くなってしまうのでしょうか?

それは「サイズが合っていないから」です。

 

お客様の足の長さ(足長)を測ると左235㎜、右233㎜です。

靴のサイズで考えると、23.5㎝が合いそうです。

では、23.5㎝の靴を履くと足は痛くならないのでしょうか?

答えは「No」です。

足は、立体です。

長さだけでなく幅や高さもあります。

足に合う靴を手に入れるためには、足の幅(足幅や足囲)も計測することが必要です

 

同じ23.5㎝の靴でも幅(ワイズ)はこんなにも違うのです。

 

AA→A→B→C

 

ワイズAAとC重ねて比較

 

靴を足長だけで選ぶと、足と靴の間にすき間ができます。

踵がカパカパ、すき間があるから擦れて痛くなるのです。

靴ズレをおこすから絆創膏が手放せないという方は、足と靴の間に必ずすき間ができています。

という理由なので、パンプスやハイヒールを痛みなく快適に履くために

先ずは、足の計測が大切です。足長と足囲を測りましょう。