シューフィッターさんに相談して、足に合う靴を買ったはずなのに痛くなるのはどうして?

こんにちは!

看護師による安心・安全・安楽なフットケアで安定する足もとづくり

足の看護師、中谷です。

いつもご覧下さりありがとうございます。

 

シューフィッターさんに相談して、足に合う靴を買ったはずなのに痛くなるのはどうして?

シューフィッターさんに相談して買ったのに・・・

試着させてもらった時は、「ぴったり!」だと感じたのに・・・

「やっと自分の足に合う靴を手に入れた!」

感動したのはつかの間・・・

実際にその靴を履いてお出かけすると、「痛い!」

 

そんな時は、楽しいお出かけも気分が下がってしまいます。

 

 

もし、同じような経験をされているなら、靴の履き方を見直して下さい

どんなに構造がよく足に合った靴でも、間違えた履き方をしていると

合わないと感じたり、痛くなってしまいます。

もったいない、もったいない・・・

 

 

【正しい靴の履き方】http://www.orthotics-society.or.jp/visitor/foothealth/solution2.htmlより

1.靴ベラを使って靴を履きます。

靴ベラを使わずにムリに靴を履くと、かかと部やかかとの履き口部分が傷み、 型崩れの原因となってかかとのホールド性がダメージを受けるので 必ず靴ベラを使用します。

 

2.靴のかかと部分を床につけ、足のかかとがしっかり収まるようにします。

 

3.かかと部を床につけたまま、靴ひもをつま先に近いところから 順にきっちり締めていきます。

こうすることで靴を足にフィットさせ、 部分的にゆるすぎたり、きつすぎたりしないようにします。
また最後に靴ひもを結ぶとき、足首部分だけきつくなることを防ぎます。

 

 

4.靴が甲全体にフィットするよう、足首部分で靴ひもをしっかり結びます。

足全体にしっかりフィットさせることで、歩いているうちに 靴ひもが自然に緩んでしまうことを防ぎます。

 

5.靴がムダなく足全体にフィットしているか、つま先部分には 余裕があるかを指でさわって確認します。

 

 

歩行中、かかとが靴のかかと部分からずれない環境を整えることがポイントです。

正しい履き方を実践し、その靴を再度評価されて下さい。

シューフィッターさんに試着させてもらった時の履き心地が再現できるはず^^

 

パンプスも同じです。

かかとと靴のかかと部分は、ずれないように

 

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約