【かかとのヒビ割れケア】かかとの角質の削りすぎにご注意!保湿が大切です

こんにちは!

看護師による安心・安全・安楽なフットケアで安定する足もとづくり

足の看護師、中谷です。

いつもご覧下さりありがとうございます。

 

 

かかとの角質の削りすぎにご注意!保湿が大切です

昨日、はじめてのお客さまがかかとのヒビ割れケアにいらして下さいました。

寒い時期はいつもカカトがひび割れてしまうそうです。

 

 

見せていただくと、確かに深くひび割れています。

長年セルフケアで削り続けていたことで、角質が硬く厚くなっています。

削りすぎてしまうと、自分の皮膚を守ろうとして、角質が更に厚くなってしまうのです

 

施術後はふわふわに^^

 

この状態を少しでも長く保ちたいですよね。

お客様には、ホームケアのコツをお伝えしています。

 

 

*ホームケアのコツ*

・角質は削りすぎないように。

・足の裏には皮脂を分泌する皮脂腺がないので、もともと乾燥しやすい部位です。

お風呂上りの皮膚が柔らかいうちにフットクリームで保湿をしましょう。

・ベタつきが気になる場合は、軽くティッシュでオフして靴下を履きましょう。

 

角質が分厚くなっていると、クリームが浸透しにくくなります。

先ずは、サロンで適切に角質ケアをしてホームケアをスタートされるとよいな~と思います。

乾燥する季節、どうぞご相談くださいね^^

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約
・電話:080-4237-3731