【腰痛で整体やマッサージに通う方へ】靴も見直して施術効果をアップ

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

腰痛は、ヒトが二本の足で立つようになってから発症しやすくなったと考えられています。

フットケアの視点で腰痛をみると

腰痛をお持ちの方は、足首周囲の筋肉が弱くなっていて足首を十分に支えられない

または、足の筋肉が弱くなり土踏まずが崩れている(偏平足や開張足)場合があります

 

 

この場合は、カウンターとシャンクがしっかりした靴を履くことをおすすめします。

 

 

人が立っているとき、体重は足のアーチ(土踏まず)にかかります。

 

 

土踏まずが崩れていると、効率的に体重を支えられず、身体の他の部位への負担が大きくなります

負担が、腰に偏ると腰痛に・・・

 

靴選びでは、かかとを真っすぐ支えてくれるカウンター、土踏まずをサポートしてくれるシャンクをチェックして下さいね。

しかし、構造のよい靴を手に入れても履き方を間違えると台無しです。

足のかかとと靴のかかとをぴったり合わせ、靴の中で足が前滑りしないように甲を靴にフィットさせて下さいね

足に合った靴選びと正しい靴の履き方の実践で腰も軽く感じます。