外反母趾と親指の横のタコ

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

素足になる機会が多い季節になり、角質ケアご希望のお客さまが増えています。

一番多いのは、ガサガサかかとのケアです。

 

【ケア前】

 

【ケア後】

 

ガサガサかかとのケアに来られるお客さまには、親指の横にタコができている方も多いです。

 

【ケア前】

 

【ケア後】

 

タコは、繰り返し圧迫や刺激を受けるところに、皮膚の防御反応としてできます。

しかし、親指の横は、本当は圧がかかるべきところではありません

親指の横のタコは、親指が横から押さえられている証拠です。

親指の横にタコがある方は、足幅が広がる開張足や外反母趾など、足が変形していることが多いです。

 

足は身体の一番下に位置し、常に体重を支え負担がかかる部位です。

足の変形は、放置していると加齢とともにどんどん進みます

角質ケアでタコ自体をケアするとともに、足の変形が進まないようにケアしていくことが大切です。

タコの再発予防と生涯ストレスなく歩ける足を維持するために。

 

足の親指を触ってみてください。

タコはできていませんか?