生涯歩くために欠かせない「足の3つのアーチ」

長年看護師をしてきて、実感したことは、

「自分のタイミングで、行きたい場所に行けるか行けないかは、生きがいに直結する」ということです。

これが叶わなくなると、笑顔がなくなる方が大半、目標や希望が見つけられなくなる・・・

「いつまでも元気に歩きたい!」誰もが思っていると思います。

その思いを叶えるために保持したい足の構造について記します。

 

 

生涯歩くために欠かせない「足の3つのアーチ」

自分の足をじっくり見ることはありますか?

毎日じっくり見るという方は、少ないと思います。

しかし、ヒトの足には、進化する過程で獲得した素晴らしい構造が備わっています。

 

ヒトの足に備わった素晴らしい構造とは、3つのアーチ構造です。

「内側縦アーチ」「外側縦アーチ」「横アーチ」をご存知ですか?

内側縦アーチは、通称、「土踏まず」と呼ばれ、その名の通り、地面につかない(土を踏まない)場所として知られています。

 

 

「足のアーチ フリー 画像」の画像検索結果

 

生まれたての赤ちゃんの足には、アーチはありません。

立って歩いたり、走ったりして、成長とともにアーチ構造が形成されていきます。

最近では、外遊びの減少により、アーチの発達が十分でない子どもが増え、足や足指が変形している子どもも増えています。

 

この3つのアーチの役割は、ヒトが2本の足で立って歩く上で極めて重要です。

まず、アーチがドームを構成することで、クッションとなり足の裏の筋肉や血管が潰れません

そして、歩くことでドームが伸縮し、下半身の循環を促進するポンプとしての働きや、前進するための推進力を生む効果があります。

さらに、アーチ構造は、多くの建築物で使われるように重力を分散し強度を保つ効果があります。

そして、3つのアーチを3点で支えるという三脚構造は、不整な地面に対しても安定して立てる構造なのです。

 

足の裏の面積は、わずか2%。

この小さな面積で、安定して全体重を支え、効率的に歩けるのはアーチがあるおかげなのです。

 

それでは、この3つのアーチがなくなったらどうなるのでしょうか?

アーチが崩れた足は、グラグラ不安定になり、着地の際、地面からの衝撃をダイレクトに受けます

その衝撃を足首や膝、腰や肩、首で吸収することになり、その負担が痛みなどの症状として現れる場合があります。

血液循環が乏しく、推進力がない歩行は、少し歩くだけでとても疲れたり浮腫んだりします。

身体全体の土台である足のアーチの崩れの影響は、足だけでなく全身の不調を引き起こします

 

タコや魚の目、足の幅が広がって靴が合わない、外反母趾、足の疲れや浮腫みや冷え・・・

これらは、すべてアーチの崩れと関連しています。

ストレスのない歩行は、これから先の生活の質を必ず高めてくれます。

ぜひ、足のアーチをしっかりとサポートし、ストレスのない足と身体を維持してください。

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約