「足と身体の健康」を目指す

おはようございます。

「看護師による安心・安全・安楽なフットケアで安定する足もとづくり」

足の看護師、中谷です。

和歌山では、気持ちいい晴れの日が続いています。

インドアタイプの私でも、散歩したくなります。

 

先日、一般の方向けに開催された「足と身体の健康セミナー」を受講しました。

小さな会場でしたが、60~70歳代くらいの女性でいっぱいでした。

私が一番若いくらい・・・

年齢を重ねるごとに、足や身体のこと気になりますよね。

「老化は足から」と言われますし、会場内に切実さを感じました

 

 

 

 

足ともを見ると、足に良いとされる構造のよい、そこそこ高価な靴を履いている人が過半数を超えています

しかし、靴の履き方を間違えている人ばかり(涙)

中には、靴を脱いでいる方も・・・

(脱ぎたくなるような靴は、身体に良くありません。)

 

健康に関する意識は高いはずなのに、残念です。

いくら足に合った靴を手に入れても、履き方を間違うと足を痛めます

 

私は、人の身体は、二足歩行をすることで整うように進化してきたと考えます。

「生理的な歩行」ができると「足と身体の健康」を維持できるということです

 

「生理的な歩行」では、全身が連動し、余分な負担なく歩けます。

もちろん、血流もよくなります。

健康維持には、血流も大切ですよね。

 

 

 

靴を履いた時点で、生理的な歩行ではなくなります。

しかし、靴を履かずに外を歩くのは、とても無理な時代。

 

靴を履いた状態でも生理的な歩行に近づけるには・・・

足に合った靴を正しく履き、足と靴のフィット性を高めることです。

 

・かかとの脱げる状態

・脱ぎたくなるような靴

・ゆるゆるの靴紐

・チャックを開けたまま

では、「足と身体の健康」は到底叶いません。

 

足に合った靴を正しく履いて、足と靴のフィット性を高めましょう

「足の計測と靴の選び方アドバイス」から、足と身体の健康を目指しませんか?

足と靴が適切にフィットすると、外出先で靴を脱ぎたくなることはなくなります。

 

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約
・電話:080-4237-3731