タコやウオノメなどの足のお悩みと疲れの原因はつながっている

こんにちは!看護師による安心・安全・安楽なフットケアで安定する足もとづくり、中谷です。

いつもブログをご覧下さりありがとうございます。

 

先日、タコとウオノメのケアにお越し下さったお客さまは

疲れやすさもお悩みでした。

 

フットケアの視点で疲れやすさを考えると

足に合っていない靴や歩き方のクセを見直すことが大切です。

 

 

 

 

お客さまの足を計測し正しいサイズをお伝えしました。

お客さまの大半は、大きすぎる靴を履かれています。

靴は幅広がよいと思われがちですが、大きすぎる靴は、足のトラブルの大きな原因のひとつです。

 

そして、靴を選ぶ時のポイントを説明しました。

これも、柔らかい靴がよいと思われがちですが、靴には、硬い部分も必要です。

特にかかと周りが硬く、真っすぐに支えてくれる靴をおすすめしています

 

 

 

ぜひ、後ろから写真を撮ってもらいチェックして下さい。

足首からかかとは、斜めになっていませんか?

 

 

 

 

 

かかとの骨は、全身の骨格の土台となる部分です。

かかとの骨の上に足の骨、骨盤、背骨、首の骨、頭蓋骨、全部乗せています。

 

私たちは、意識することなく脳を水平に保つように生活しているので

土台がゆがんでいると、他の部分に余計なストレスがかかります

 

そのため、身体の土台であるかかとを真っすぐに支えてくれる靴に履きかえて頂くと

スッキリを実感されるお客さまが多いです。

身も心も解放されるようです。

 

支えるべきところは硬く、曲がるべきところは柔らかい

そんな靴選びができると足は疲れにくく、トラブルも起こしにくくなりますよ。

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約
・電話:080-4237-3731