偏平足に気づいたら、すぐにフットケアを開始しよう!

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子どもの頃、素足を見られるたびに偏平足だね。と言われました。

数年前までは、「偏平足」と言われても何とも思っていませんでした。

今は、「もっと早く偏平足が不利だということに気づきたかった。」という気持ちです。

 

気づいた時は、私にとって衝撃でした。

それからは、一所懸命に足のセルフケアしました。

そうすることで、とても足が楽になり、身体が軽くなりました。

足のアーチは、本当に大切です。

 

足の3つのアーチについて

足の3つのアーチはドーム状になっていて身体を安定させ、守っています。

 

 

アーチ形状は

「上から加わる力に強い」

「力を分散する」

性質があります。

 

橋をイメージして下さい。

 

 

 

アメリカ、フロリダ州、歩道橋崩落、ドローン空撮映像

画像出典:https://viva-drone.com/fiu-bridge-collapse-drone-video/

 

真っすぐな平面上だと、とても不安定で壊れやすいですよね。

人間の足にある3つのアーチは、体重を分散させ、衝撃を吸収するクッションとなり大切な身体を守ってくれている

素晴らしい仕組みですね!

 

しかし、日本人は偏平足が多く、アーチが崩れている人が増えています。

私自身、足のアーチをケアすることで、身体が想像以上に軽く快適になりました。

この快適さを多くの人に体感していただきたいです。