【足と子どもの成長】何もないところで転ぶ子どもが増えている

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、友達とカフェに行った時のこと。

友達は、小学生の子どもと一緒だったのですが、その子が、店内で転んでしまったのです。

段差のない店内だったので、特に危なさも感じていなかったのでビックリしました。

ケガがなかったのでよかったのですが・・・

 

    

 

高齢者の転倒は、要介護状態になることに直結することからテレビでもよくとりあげられますが、最近は、「何もないところで転ぶ」子どもたちが増えているそうです。

便利で快適な社会になり、道路は舗装され、凸凹道を歩くことがなくなったこと。

(特に和歌山などは、車移動が多いため歩きません。)

外で遊ぶ機会が減っていること。

などで足裏の刺激不足により踏んばることができないのです。

 

足裏にあるメカノレセプター(感覚受容器)の機能低下

直立二足歩行する人間の足の裏には、たくさんのメカノレセプター(感覚受容器)があり、親指足の指の付け根のあたりかかとなどに特に多く存在します。

 

立ち姿勢では、足裏のメカノレセプターが、

「地面の水平性」

「地面の性質」

「体重のかかり具合」

「身体の傾き具合」

などを瞬時に情報収集します。

それが脳へと伝えられ、目や耳などから入った他の情報とを複合解析して、身体がまっすぐになるように、転ばないように身体の各筋肉・関節に司令を出し、バランスをとっています。

そのため、このメカノレセプターの機能が低下していると、身体がどういう状態になっているか脳に伝わりにくくなり、脳も正しい司令が出せないということになります。

 しかし、メカノレセプターは、使われなければ、その機能はどんどん低下します。

例えば、骨折で長期間ギプスをつけていた場合、メカノレセプターの機能が低下して、ギプスがとれて歩きはじめるときには、とてもバランスが悪く不安定になっています。

 

転びやすい子どもは、足裏の刺激不足でメカノレセプターの働きが低下していることが考えられます。

メカノレセプターを活性化して転倒を予防すると同時に運動能力も向上していきましょう。

 

メカノレセプター(感覚受容器)の活性方法

嬉しいことに、このメカノレセプターは、意識して使うようにすれば、比較的早く活性化させることができます。

ではどのようにするとよいのでしょうか?

それは、足の指を使うことです。

一番簡単なのは、裸足で過ごすことです。

 

 

裸足で遊ばせたり、足裏をもんだりすることで、足裏を刺激しメカノレセプターを活性化することは、トップアスリートの親の共通点とのことです。

(吉井妙子さんの著書、『天才は親が作る』より)

 

昔は、子どもは裸足で遊ぶことが多くありましたが、現在は屋外を裸足で過ごすことは難しくなっています。。

せめて家の中だけでも裸足で過ごせるといいですね。

裸足は寒い」「裸足は危ない

という場合は、五本指ソックスをおすすめします。

そして、親子で、足指じゃんけんをして遊んでみませんか?

 

グー

f:id:tfcayumu:20160524095430j:plain

 

チョキ 

f:id:tfcayumu:20160524095447j:plain


パー

f:id:tfcayumu:20160524095509j:plain

 

メカノレセプターが活性化される!

循環がよくなりポカポカ!!

むくみもスッキリ!!!

一石二鳥以上です!