ウォーキングでどんな病気を予防する?

 

「老化は足から」とよく言われます。

そのため、健康のためにウォーキングをされている方も多いですよね。

「ウォーキングは健康によい。」というイメージがありますが、具体的には、どのような健康効果があるのでしょうか?

いったいどのくらい歩けば、どのような効果があるのでしょうか?

 

歩行と病気予防の関係を調査している「中之条研究」

中之条研究とは、群馬県にある中之条町で2000年から実施されているモニタリング研究です。

群馬県中之条町の65歳以上の全住民である5000人を対象に、日常の身体活動と病気予防の関係についての調査研究が、2000年以降継続的に実施されています(現在も継続中)。日常の運動頻度や時間、生活の自立度、睡眠時間、食生活などに関する膨大なアンケート調査を行い、この内2000人に対しては、詳細な血液検査や遺伝子解析を行いました。さらに、その内の500人に対しては、身体活動計(歩数と速歩き時間を計測)を携帯してもらい、一日24時間、一年365日の身体活動状況をモニターしています。

引用:http://kenju-jp.com/nsystem/

 

中之条研究では、健康維持増進するためには、1日平均8000歩、中強度の運動20分が理想的と結論されています。

この研究で、歩くことの健康効果が具体的なデータで証明されました。

 

出所:http://kenju-jp.com/nsystem/

 

中強度の運動とは、うっすらと汗ばむ程度の早歩きなどです。

ご家族やお友達と歩く場合は、多少息切れしながら会話できる程度の運動です。

 

2000歩→筋肉の衰えを防ぎ、寝たきりの予防。

4000歩→血流促進や風景の変化による脳への刺激により、うつ病の予防。

7000歩→がんや動脈硬化、骨粗しょう症の予防。

8000歩→高血圧や糖尿病、メタボの予防。

 

身体活動計を携帯することで、健康意識が高まり、以前より平均して1日2000歩ほど歩数が増加し、医療費の抑制効果もあったと発表されています。

 

出所:http://kenju-jp.com/nsystem/

 

1日にどれくらい歩いていますか?

歩数の平均値は男性で 6,794 歩、女性で 5,942 歩であり、この 10 年間でみると、男女ともに有意な増減はみられない。年齢階級別にみると、20~64 歳の歩数は男性 7,644 歩、女性
6,705 歩であり、65 歳以上は男性 5,417 歩、女性 4,759 歩である。

引用:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08789.html 平成30年実施の「国民健康・栄養調査」の結果

 

中之条研究のデータ、歩数の平均値、自分の歩数などを見比べながら、ウォーキングで病気の予防ができるとよいですね。

また中之条研究では、「12000歩以上の歩行では健康を害することも・・・」となっています。

足に合わない靴や靴の不適切な履き方、歩き方のクセなどがあると身体への負担が大きくなります。

「足の計測と靴の選び方アドバイス」で、足もとを整えてウォーキングをはじめませんか?