足があがらず、つまずくことが多くなってきた

こんにちは!

看護師による安心・安全・安楽なフットケアで安定する足もとづくり

足の看護師、中谷です。

いつもご覧下さりありがとうございます。

 

昨日、友達とランチしました。

隣の席のアラフォー女性っぽい方達から聞こえてきた会話・・・

「最近、何もないところで、よくつまづくのよ。」

「私も~」

「足があがってないから・・・」

 

 

 

 

よくする会話では、ありませんか?

「よくつまずく」と感じる方は、自分の足の裏を見て下さい。

かかとがガサガサヒビ割れていたり、タコやウオノメはできていませんか?

これらが、メカノレセプターに蓋をしてしまっているかもしれません。

 

【メカノレセプターとは】

メカノレセプターは、感覚受容器のことでカラダのいろいろな部分にあります。

その中でも足の裏、特にかかと、足の指の付け根、足の親指に多く存在しています

 

 

この感覚受容器は、センサーとして働きます

 

あなたのとっている姿勢を検知して、情報を脳に伝達、

脳は、メカノレセプターからの情報と目や耳からの情報とを統合し

「今は真っすぐに立っている。」

「少し重心が右にずれている。」

などを判断します。

そして、身体が真っすぐに位置するように、あるいは転倒しないように、全身の筋肉に指令を出してバランスをとります。

 

「つまずく=足があがっていない」

これは、あなたの脳が「これくらい足をあげておけばいいや」と判断した結果なのです。

 

高齢者が転倒しやすいのは、筋力低下の問題だけでなく

このメカノレセプターの能力が低下していることも大きな原因のひとつだと思います。

高齢者施設などで足をみさせていただくと、角質が厚く硬くなりすぎている方が非常に多いです。

 

角質ケアのあと、お客さまが椅子から降りた瞬間に、「うわっ!全然違う!」とよく言われます。

 

厚く硬くなりすぎた角質を丁寧に取り除き、ツルツル、ふわふわになった足はとても気持ちよく感度がよいです。

一歩ごとに足から入力される情報は、脳を健康的に刺激してくれ気持ちもスッキリします

足から健康管理、はじめませんか?

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約
・電話:080-4237-3731