超高齢社会で大切なこと

こんにちは!

看護師による安心・安全・安楽なフットケアで100歳まで歩ける足もとづくり♪

足の看護師、中谷です。

いつもご覧下さりありがとうございます。

 

 

超高齢社会で大切なこと

私が住んでいる和歌山県の高齢化率は、31.5%(平成30年1月1日現在)です。

これからも高齢化率は、どんどん高くなることが予測されています。

 

どんどん進む「超高齢社会」で大切なこと

それは、「健康寿命(自立した生活が送れる期間)」を延ばすことです。

 

 

平均寿命:厚生労働省「平成25年簡易生命表」健康寿命:厚生労働省「平成25年簡易生命表」「平成25年人口動態統計」「平成25年国民生活基礎調査」、総務省「平成25年推計人口」より算出

出所:https://www.taishotoyama.co.jp/ba/q1.html

 

 

この「健康寿命」が、平均寿命より男性は約9年、女性は約12年も短いことが分かっています。

これは、支援や介護を必要とする期間が、平均で9~12年もあるということです。

長いですね~。

 

ある研究では、外反母趾や足の爪の変形などがあると、下肢機能の低下をもたらすことが分かっています。

痛みなどの症状がないと、気付かず放置している人もたくさんおられます。

 

毎月第1土曜日は、「足と靴のお悩み相談会」を開催します。

他の人と足を見くらべることも介護予防に役立つかもしれません。

 

メディカルフットケア アン
メニュー
サロンのご案内
お問合せ・ご予約
・電話:080-4237-3731