繰り返し再発してしまう足のタコのお悩み

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

爽やかなお天気の和歌山です^^

お友達の紹介でお越し下さったお客様のお悩みは、足裏のタコでした。

セルフケアで除去してもすぐに再発してしまうとのこと。

根本原因にアプローチできていないと、タコは繰り返し再発します

「足の計測と靴の選び方アドバイス」では、繰り返し再発するタコの根本原因を調べます。

 

【フットプリント】

足の裏への体重のかかり具合が分かります。

赤丸部分は、指が写っていません

 

 

左足は、親指以外、地面から浮いた状態です。

これでも普通に立ててしまうので、「人の身体ってすごいな~」といつも思います。

しかし、効率的な立ち方ではありません。

指に体重が乗っていない分、かかとに体重が偏ります

 

 

浮き指などの状態で、かかとに体重が偏ると姿勢が崩れます

(かかとに体重が偏っていたから浮き指になったのかもしれません・・・)

かかとへの体重の偏りを補正するために姿勢を崩して立っている

これは、全身の負担になってしまいます。

 

浮き指の状態で、立てない、歩けない、痛いなどの症状がないので気にしない方、気付かない方が多いですが

浮き指の状態では、正しく立って歩くことはできません

正しく歩けないということは、外反母趾などの足の変形や巻き爪などの足の爪の変形、タコやウオノメなどの角質のトラブル、足の疲れやむくみなど様々な足のトラブルの原因になります。

 

お客様には、タコ自体のケア方法とともに、足の緊張をほぐすセルフケア方法もお伝えしました。

タコを繰り返さないためには、その方に応じた適切な立ち方、歩き方を身につけること。

それには、足の緊張をほぐしてあげることが大切です。