素足で過ごすときのアドバイス

看護師として2000名以上の患者とその家族をサポートしてきた経験と

看護師視点の心身をみるフットケアを通して、

歩くことにストレスを感じる人の足も気持ちも軽くする。

どこまでも活き活き歩いてゆける身体をプロデュースします。

「快適歩行プロデューサー」中谷麻子(なかたに あさこ)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日、「靴下の重ね履き」をするときのアドバイスを書きました。

すると、「靴下を履かない」という方からコメントを数件頂きました。

 

そこで、今日は、「素足で過ごす」ときのアドバイスを。

「素足で過ごす」ときのアドバイスは、傷を作らないようにすること」です。

それは、「5人に1人は糖尿病予備軍」だからです。

 

出所:http://www.dm-net.co.jp/calendar/2017/027369.php

 

糖尿病というと「血糖値が高くなる病気」と理解されている方は多いと思います。

お客様にも「検診でちょっと血糖値が高かった。」という方は、大勢おられます。

しかし、それほど深刻に考えていない方が多いのが、困ったところ。

 

少しばかり血糖値が高いくらいでは、自覚症状が感じられないところが、糖尿病を甘く考える原因になっていると思います。

糖尿病が怖いのは、「合併症」です。

「透析」「切断」「失明」

これを聞くと、ドキッとしますよね。

 

ちなみに

糖尿病網膜症による失明者は、年間3,000人以上(新規失明者の約18%)

糖尿病腎症による新規透析導入者は年間16,000人以上(新規透析導入者の約44%)

糖尿病足病変による下肢切断者が年間3,000人以上(全切断患者の40~45%)

であると報告されています。

*糖尿病は、身近な生活習慣病。では、足の切断は?

 

これは、「現行の糖尿病治療では、合併症を予防できていない。」ということです。

糖尿病が怖いのは、生活の質をグンっと低下させる合併症です。

看護師の視点では、糖尿病治療で一番大事なのは、「合併症予防」です

 

話しを戻しますが、素足にサンダルで外出など、足が汚れやすく傷をつくりやすい生活習慣が身についていると、いざという時にその習慣を修正するのが大変です。

「5人に1人が糖尿病予備軍」といわれる現状、足を大切に扱う習慣をつけておくことが、重要です

ケガをしにくい屋内での素足生活は、足の指をしっかりつかえて良いと思いますよ^^